• HOME
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大
頑張れ東北・頑張れ日本

NPO法人DCTは環境と産業が共生する協働のまちづくりの推進を図ります。

サイトコンテンツ
支援活動
東日本大震災支援活動状況
支援地域
茨城県笠間市
茨城県高荻市
茨城県つくば市
宮城県東松島市
福島県いわき市
岩手県陸前高田市
岩手県大船渡市
支援物資
ペットボトル飲料水 472箱
生活飲料水 6.7トン
非常用食品・カップ麺etc 43箱
炊き出し用うどん 1160食
炊き出し用そば 300食
炊き出し用カレー 350食
焼肉丼 300食
電池・ミルク・おむつetc 30箱
灯油 40リットル
スナック菓子 1120袋
被災地支援活動
7月17日 宮城県東松島市
赤井地区の駐車場に堆積したヘドロの撤去作業
7月17日 宮城県東松島市
赤井地区の畑に堆積したヘドロの撤去作業
6月26日 マイケルジャクソンチャリティイベントへ参加
6月19日 宮城県東松島市・赤井地区体育館
赤井地区の畑に堆積したヘドロの撤去作業(2)
6月19日 宮城県東松島市・赤井地区体育館
赤井地区の空き地に堆積したヘドロの撤去作業
支援動画
赤井地区の畑に堆積したヘドロの撤去作業 7月17日(日)
宮城県東松島市
赤井地区の畑に堆積したヘドロの撤去作業

ボランティア活動ミーティング動画20110619 7月17日(日)
宮城県東松島市
ボランティア活動ミーティング

ボランティア活動ミーティング動画20110619 6月19日(日)
宮城県東松島市
ボランティア活動ミーティング

ボランティア活動ミーティング動画20110619 6月19日(日)
宮城県東松島市
ボランティア活動ミーティング

ボランティア活動ミーティング動画20110612 6月12日(日)
宮城県東松島市
ボランティア活動ミーティング

新着情報
現在485名が原告として参加中

2015年2月9日朝日新聞を正す会の記者会見



日本が世界中で誤解されている


米国に建つ慰安婦像にはこの様に記されている。

日本帝国政府軍により、誘拐された20万人以上の婦女子を偲んで。

1930年~1945年それは「慰安婦」として知られています。彼女たちは誰も気付かずに去るべきではない。人権侵害を耐え忍びました。

人間性に反した犯罪の恐怖を決して忘れさせないでください。

これらのねじ曲げられた歴史の真実は、朝日新聞の「従軍慰安婦記事」などが事の発端となった事は周知の事実であり、今後、朝日新聞が国際社会に向けて訂正と謝罪をしない限り、これらの訂正と日本国の名誉回復は難しい。

私たち「朝日新聞を正す会」は、朝日新聞に対して、歴史の事実を正しく見つめ直し、

自社の誤報記事の訂正を国内外に謝罪させる為に立ち上がります。

反日新聞である朝日新聞を正し、日本国民としての名誉を回復させる為に、集団訴訟の原告を募集しています。

一人でも多くの日本国民の参加を呼び掛けます

費用も出廷も一切ありません。米山弁護士が皆さんの委任を受け、朝日新聞社と対峙します。


以下の訴状を提出して朝日新聞との裁判が始まりました



朝日新聞を訴える訴訟に参加する

朝日新聞社に謝罪させるためにも原告団にご参加お願いします。参加は簡単。委任状を記入して事務局に郵送するだけ。弁護士費用は事務局が負担し、出廷に必要もありません。




「朝日新聞を正す会」・「NPO法人 DCT」朝日新聞社集団訴訟のご協力について


米国に 私たち日本国民は、朝日新聞が捏造報道した従軍慰安婦問題が、国内外に幅広く報道された事により、日本国民としての名誉と誇りが激しく傷つけられました。

朝日新聞の従軍慰安婦問題は、「日本軍が組織的に慰安婦を強制連行した」と歴史的事実をねじ曲げて報道し、国際社会から激しい非難を浴びる原因になりました。

その後の、朝日新聞からの公式な謝罪は無く、当事者意識が全く無いため、NPO法人「DCT」は「朝日新聞を正す会」と共に、朝日新聞社を相手取り、日本の名誉回復と国際社会に対しての公式謝罪を求める、集団訴訟をする事になりました。

朝日新聞に公式謝罪をさせ、国際社会に対して、日本国の名誉を回復する為に、皆さんの署名をよろしくお願いします。



2016年 新倉山浅間公園 清掃活動

今年も恒例の新倉山浅間公園清掃活動を実施しました。約150名のボランティアの皆様と公園内を清掃しました。



2016年8月19日 朝日新聞集団訴訟

平成28年8月19日に「NPO法人 DCT」と「朝日新聞を正す会」からなる、150名は甲府地方裁判所に訴訟を起こしました。
訴訟に参加した皆様、有り難うございました。「国民の知る権利」を勝ち取る為に、甲府地裁には中立公正な判決を求めます。

8月19日 県庁 記者会見場
(左から 佐藤昇氏・荒井譲氏・米山健也弁護士)



2016年8月 農業活動報告

今年もボランティア活動の一環で「DCT農園」にて、毎年恒例のトウモロコシの 種植えが始まりました。



2015年8月 農業活動報告

今年も例年通りNPO法人「DCT農園」にて、トウモロコシを収穫しました。 今年は、雨が多く降った事で、トウモロコシの発育はいまいちでしたが、味の方は抜群においしいとの評価を頂きました。



2015年7月 農業活動報告

農業活動としてもろこしの栽培を継続しております。


2014年8月26日 農業活動報告

もろこしの収穫がはじまりました。


2014年5月 農業活動報告

農業活動としてもろこしの栽培を開始しました。


2013年8月18日 農業活動報告

もろこしの収穫がはじまりました。        


2013年5月 農業活動報告

農業活動としてもろこしの栽培を開始しました。


2013年4月 新倉浅間公園清掃活動報告

新倉浅間公園の清掃活動を実施しました。


2012年5月27日 農業活動報告

農業活動もろこしの栽培を開始しました。


2012年4月22日 新倉浅間公園清掃活動報告

新倉山清掃活動を実施しました。


事務所移転のお知らせ

DCT本部事務所を移転致しました。

住所、電話番号が変更となりましたのでお知らせします。

新住所:〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2-17
電話/FAX:0555-72-9194

新住所は「富士浅間神社」の並びとなります。

今後とも宜しくお願い致します。


宮城県東松島市 阿部秀保市長より、私たちDCTへ感謝の言葉を頂きました


宮城県東松島市 阿部秀保市長より、私たちDCTへ感謝の言葉を頂きました
私たちDCTは、宮城県東松島市赤井地区を拠点とし、東日本大震災の被災者支援活動を行なって参りました。

平成23年11月4日、この度、東松島市の阿部秀保市長より直々に、私たちDCTの復興支援活動に対する感謝の言葉を頂きました。

阿部秀保市長は、東松島市の復興計画中で多忙にも関わらず、私たちDCTを庁舎、市長室内まで招いて頂きました。

東日本大震災から、約8ヶ月という時間が経過しましたが、今回、東松島市を訪問したところ、街全体が震災後に比べ活気にあふれ、市民の方々の表情にも笑みが感じられました。

震災後、多くのガレキやヘドロが沿岸部全域へ広がっておりましたが、現在はその面影もありません。

これも、阿部秀保市長が震災直後より尽力されたこと、被災者の方々が諦めず懸命に立ち上がったこと、そして、ボランティアや支援に携わった多くの方たちが協力し合ったこと、その結果が市全体の早期復旧に繋がったものだと思います。

多くの被害をもたらした東日本大震災という歴史的大地震は、私たちは忘れることのできない、忘れてはならない出来事です。

私たちDCTも多くの方のご支援・ご協力により復興支援活動を通じて、多くのことを学び、そして身を持って感じることが出来ました。

私たちDCTが行った、東日本大震災復興支援活動へご協力、ご支援を頂きました皆様へ、この場を借りて改めて感謝の意を表します。

復興支援活動にご協力を頂けました皆様、誠にありがとうございました。

これからも、折を見て復興支援活動は継続して参りますので、皆様からの厚いご支援・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。




ボランティアへ参加をされていている皆様へ


日頃は、私たちDCTの東日本大震災復興支援ボランティア活動へご参加を頂きまして誠にありがとうございます。

私たちが活動拠点としております宮城県東松島市赤井地区は、徐々に回復傾向にあり、避難所生活をされていた多くの被災者の方々は、元の生活へと戻ることが出来るようになりました。

被災地によっては、未だに避難所生活をされている被災者の方も多く、「ボランティアの手が足りない」との声もありますので、私たちDCTとしては今後も復興支援活動を継続していく意向でございます。

しかしながら、現在、私たちDCTの復興支援活動に掛かる諸経費等の活動資金が不足している状況となっておりますので、誠に不本意ではございますが、復興支援活動を一時的に中止するという決断をいたしました。

つきましては、次回の復興支援活動の予定は未定とさせて頂きますので、皆様にご理解願いたく存じ上げます。

今後、復興支援活動を再開する際には、ホームページ及びツイッター等を通して告知させて頂きます。

これからも皆様からの心温まるご支援・ご協力、何卒宜しくお願いいたします。




被災地支援活動一覧へ

支援活動協力者様募集

DCTでは協力者様となっていただける企業様を募集しております。

DCTの運営資金は、皆様からの支援金や参加費、そして協力者様からの協賛金によってまかなわれており、
ご協賛いただける協力者様を募集しております。

DCTの協力者様になっていただくと、社会支援活動に貢献する企業として、
社会貢献への取り組みに熱心な 個人や企業の皆様に、CSR活動やPRの場としてご活用いただけます。

皆様からのご協力を心よりお待ちしております。 詳しくはDCTまでお問い合わせ下さい。

個人様より協力支援を頂いた際のホームページ上の名称公開につきましては、個人情報保護の観点より、お申し出がない限りは非公開とさせて頂いております。
また、企業様(団体様)より協力支援を頂いた際のホームページ上の名称公開につきましては、お申し出がなくとも公開を致しております。


これまでの協力者様一覧

大谷明宏事務所 様 田原総一郎公式サイト 様 鳥頭の城 様 横浜銀蝿 翔 様
清水宏次朗 様 忍野村 様 西桂町 様 肉稀組
(有)加々美工業 (有)太田水道 渡辺製麺所 アイアールシー(株)
プロダクトアイ社 河口湖リサイクルセンター 明和産業(株) 一福来茶雅和
エーワン会 (有)マルタカ興業 大森電気(株) (株)加々見工務店
(有)中央型枠工業 日本ボリビア資源開発(株) (株)セルバ キャメロット
西多屋 ビ・ボーンファミリー (有)イッセイ工業 重由
朝日新聞を正す会 週刊報道サイト    
支援金受付

皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

我々DCTは、この度の東日本大震災における被災者支援は長期的な支援が必要だと考えております。
現地の早期復興に向け、引き続き被災者支援活動を行ってまいりますので、皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

山梨中央銀行 都留支店(503)
口座番号:普878896
口座名義:特非DCT東日本大震災支援金